カードローンで借入れする際の保証人とは

 
お金を借りると保証人を要求されることがあります。
保証人とは、お金を借りた人が返済できない場合に代わりに返済する人のことです。

つまり、「この人はお金を貸しても大丈夫な人です」と保証するわけです。保証する以上、返済できなくなったら自分が責任を負わされることになります。

 

しかし、キャッシングの際に保証人を要求すると、お金を借りる人はほとんどいなくなります。なぜなら、保証人になると自分がお金を借りていないのに、いざとなったら返済義務を負わされるためです。

 

連帯保証人には間違ってもなるなと親などに言われたことがある人もいるでしょう。そのため、現在では「保証会社」という会社があり、その会社が保証人代わりになります。

 

ただし、保証できるかどうかを判断しなければいけないので、キャッシングの保証会社は審査も同時に請け負うことります。

 

銀行系カードローンに押されて劣勢の消費者金融は、最近この保証業務に進出しています。

 

例えば三井住友銀行カードローンの保証会社はプロミスがしています。三井住友銀行カードローンの説明書には別の名称が記載されていますが、プロミスのことなのです。

 

とはいえ、三井住友銀行カードローンの審査基準がプロミスと同じわけではありません。金利が違ったり、貸付条件に若干の際があったりして全く同一条件の契約にならないため、三井住友銀行カードローンの方が審査は厳しくなります。

 

このように、最近のキャッシングでは保証人を要求されることはありません。

 

しかし、その代わりに保証会社の審査を通らないとキャッシングの契約を結ぶことはできません。

 

なお、プロミスやアコムのような消費者金融は保証人を求めず、保証会社もありません。自らの判断で審査をして貸付をするのです。