消費者金融と銀行カードローンにはどんな違いがあるのでしょうか?

 

消費者金融のカードローンも銀行カードローンもローンカードを利用して、融資限度額の範囲内で借入と返済が自由自在であるという点では共通しています。名前が同じことでわかるとおり、同じ性格のローン商品なのです。

 

しかし、両者の差が出やすい点として、コンビニATMなどのように金融機関以外の金融機関ATMを利用した際の扱いが挙げられます。

 

一般的に、銀行カードローンは、コンビニATMなどを利用した場合でも、手数料を徴収しない場合が多いです。これに対し、消費者金融の場合はすべて徴収しています。

 

銀行はキャッシュカードをコンビニATMで利用できるようにしている関係で、消費者金融に比べれば利用頻度が高いです。そのため、交渉の段階で顧客から徴収しないようにすることができます。

 

これに対し、消費者金融は銀行に比べれば、大手のプロミスやアコムであっても利用頻度はかないません。

 

また、消費者金融のローンカードをコンビニATMで利用すると、貸金業法の規定による明示文書を出力することができないため、後日はがきで郵送されることがあります。内緒でカードローンを利用したい人にとっては、ぜひとも避けたい事態ではないでしょうか。

 

これに対し、銀行カードローンを利用しても当然このようなことはありません。銀行なので貸金業法とは関係ないためです。とはいえ、消費者金融も負けているばかりではありません。

 

大手消費者金融のプロミスは、事実上のカードレスキャッシングを可能にしています。

 

プロミスの会員サービスはネットバンキングを利用した優れものであり、キャッシングの代わりに全国の銀行へ借入資金を振り込んでくれますし、返済も三井住友銀行やみずほ銀行に口座があれば、ネットバンキングで返済可能です。手数料は無料です。