カードローンの同時申込みは審査にどう影響するのでしょうか?

 
いわゆる多重申込と呼ばれるものですが、審査にはどう影響するのでしょう。
カードローンの申込をする際、審査に通してくれるところ、またはちょっとでも金利が低いほうがいいと思うのは当然です。

しかし、合い見積もりはやめたほうが賢明です。
複数の消費者金融に同時に申込をすると、何らかの理由で審査に落ち続けているのではないかと怪しまれます。消費者金融によっては無条件で審査落ちになることが少なくありません。

 

では、どうしてわかるのでしょうか?

消費者金融の申込をすると信用情報を照会します。

一度自分の信用情報を照会してみるといいのですが、過去半年程度の新規申込実績が表示されています。

 

なぜこのような情報まで?と思われるかもしれませんが、新規申込を繰り返す人は何らかの理由で審査に落ち続けているのです。

 

例えば、任意整理などでブラックリストに載ってしまい5年過ぎて、情報が消えるころにはすべての信用情報が消えています。

 

そこでもう大丈夫だと思って新規に消費者金融を申し込もうとしても、年齢などから判断して「この年でカードローンもクレジットカードも申し込んでいないのはおかしい」と考えられてしまうのです。

 

結果として、審査落ちになりますが、このような人は別のところならいいだろうと再度申込をします。そのような実績を残すことで「怪しい人」に対する警戒を促す目的なのです。

 

もちろん、そのような事情がない人にとっては迷惑千万ですが、カードローンの申込を続けてする人は他の消費者金融で落とされているわけであり、何かあると思われてしまうことは間違いありません。

 

痛くもない腹を探られるという諺がありますが、カードローンやクレジットカードを同時に複数申し込むと同じようなことになります。審査では間違いなく不利になりますからやめたほうが賢明です。