キャッシング審査で重要な在籍確認の電話の内容は?

 
キャッシングの申込をすると職場に在籍確認の電話があることが多いです。
この在籍確認の電話は周囲の人に内緒にしたい消費者金融の利用がバレてしまう原因となりますが、無担保融資の中でも特に貸倒の危険性が高いと言われるカードローンなので、返済原資の確認は重要なのです。

最近はプロミスなどのように在籍確認の電話をせずに健康保険証や社員証の提示で在籍確認の処理を終わらせることも増えています。

 

アコムのように表立ってこのような処理を宣伝していない場合も、頼めばしてくれることが多くなっています。

 

とはいえ、全ての人がこのような配慮をしてもらえるわけではなく、消費者金融の判断で在籍確認の電話をする場合も少なくありません。

 

この場合、まず在籍確認の電話を担当者個人名でします。個人名ですることで消費者金融からの電話であることを電話を取り次いだ人に気づかれないようにするのです。

 

電話に本人が出たことが確認できると、今度は本人確認の手続になります。他人による成りすましがあるため、本人確認をしなければいけないのです。

 

ただ、本人確認とはいえ、在籍確認の電話をする直前に仮審査の結果連絡をしているため声などから本人とある程度わかります。そのため、住所氏名と生年月日を確認して電話の目的は終わります。時間にすれば5分も話をしていないはずです。

 

昔は、在籍確認の電話とともに貸付手続などを説明していましたが、電話が長くなると周囲に気づかれる可能性が高くなったため、在籍確認の電話は必要最低限の時間に留めています。在籍確認の電話確認が終わると審査は終わりです。

 

再度自分の携帯電話に消費者金融から連絡があり、その後の手続が担当者から説明されます。