信用機関を利用して借り入れ状況を確認する事が可能です

 
消費者金融などの審査で信用情報機関が活用されていることはご存知の方も多いでしょう。
しかし、この情報を自分でも確認できることをご存知でしょうか。

現在、日本では大別して3つの信用情報機関があります。
信販会社系のCICを筆頭にして、消費者金融系、銀行系の3つの信用情報機関があるのです。もちろん、どの信用情報機関でもきちんと身分確認などを受けることで自分の信用情報を確認することができます。

 

確認の方法は、各信用情報機関のWEBに出ていますから、参考にしていただければいいのですが、確認するといろいろなことがわかります。

 

例えば、クレジットカードの契約情報を見ると、キャッシング枠がいくら設定されているかがわかります。キャッシング枠は、カードローンなどの審査では不利になりますから利用する予定がなければ解約したほうが賢明です。

 

借入金は実際に返済していればわかるのですが、このキャッシング枠のように利用していないものの「その気になれば利用できる」融資枠は、契約していることすら忘れていることが少なくありません。

 

もちろん、現在借りている借金がどの程度あるかを見直すこともできます。
銀行系カードローンを借りていても、審査などを信販会社がしていることが多いため、信販会社の信用情報機関に登録をしています。また、消費者金融も自分たちが加盟している信用情報機関のほかに、情報量が多い信販会社の情報機関を利用しています。

 

つまり、CICで登録されている情報を確認することで、自分の借金の契約を借りていないものも含めてすべて確認することができるのです。

 

クレジットカードもカードローンも審査に通らないという人は、一度信用情報機関の登録内容を確認してみることをお勧めします。