気になるカードローンの審査に通らない理由とは?

 

アコムやプロミスといった上場している消費者金融は営業報告書を月ベースで開示しています。
開示内容には「成約率」という数値も入っています。
要するに審査通過率です。
大手だからということもあるかもしれませんが、アコムもプロミスも5割を切っています。散々たる結果と言ってしまえばそれまでですが、半分以上の人が落とされているのです。

 

消費者金融の審査に落とされるなんてとショックを覚える人もいるでしょうが、さほど気にすることでもないともいえるのです。とはいえ、落とされる原因で多いのは、やはり信用情報の内容が芳しくない点です。

 

特にアコムやプロミスのような消費者金融は総量規制で融資限度額が制限されます。年収の3分の1という数値は業界関係者からすれば厳しすぎる数字だと言われています。

 

なぜなら似たような商品である銀行系カードローンは、年収の半分まで貸しているためです。しかし年収の3分の1まで借りてしまっている事績があると、審査には絶対通りません。

 

ですが、自分はそんなに借りていないという人もいるでしょう。そのような人は、自分のクレジットカードの契約を見直してください。

 

キャッング枠がありませんか?

利用していなくても「いざとなったら利用できる」ため、この金額まで含めて年収の3分の1かという判断がされてしまいます。

 

信用情報にはこのようなキャッシング枠も登録されていますし、他社でカードローンを借りていても登録されています。

 

信用枠を付与す形式のローンであるカードローンなどは、融資限度額の全額を借りているとみなされますからカードローンの申込をする際には注意が必要です。

 

利用していないものはすべて解約してからの申込が必要です。